新型コロナウイルスを「中國ウイルス」と呼ぶメディアは極めて無責任

 

 

外交部(外務?。─烏w立堅報道官は4日の定例記者會見で「特定のメディアが新型コロナウイルスを『中國ウイルス』と呼ぶのは極めて無責任であり、中國側は斷固として反対する」と述べた。

趙報道官は「現在もなおウイルスの起源を探る作業は進行中であり、定説はない。世界保健機関(WHO)は『新型コロナウイルスは世界的現象であり、根源は確定していない?,F在はウイルスにいかに対処し、これを抑え込むかに注目すべきであり、地域をスティグマタイズする発言は避けるべきだ』と繰り返し表明している。WHOが新型コロナウイルスの名稱を『COVID-19』としたのは、この名稱がいかなる地域や國とも結びつかないからだ。中國の権威ある呼吸器疾患の専門家であり、中國工程院の院士である鍾南山氏は、感染は中國で拡大したが、発生源が中國であるとは限らないと表明した」と指摘。

「我々は『情報ウイルス』『政治ウイルス』に共同で反対する必要がある。特定のメディアがいかなる事実の根拠もないまま、新型コロナウイルスを『中國ウイルス』とする妄言を吐くのは、感染癥の災禍を造り出した罪を中國に著せようとの企てであり、完全に魂膽あってのものだ」とした。

また「新型肺炎は世界各國が共通して直面する試練であり、國際社會が一致協力し、連攜して対処することこそが世の正しい道であり、デマや偏見を共に阻止することが有るべき筋道だ。感染癥を前に、我々に必要なのは科學?理性?協力であり、科學で愚昧に打ち勝ち、協力して偏見を阻止することだ」と述べた。

「人民網日本語版」202035

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850