雲南省の醫師、3D技術を使って新型肺炎患者の肺を診察

 

2日、昆明醫科大學第一付屬醫院が撮影したARや5Gインターネットを使った新型肺炎の3次元遠隔立ち會い診察システム。(昆明=新華社記者/胡超)

【新華社昆明3月5日】中國雲南省の昆明醫科大學第一付屬醫院で2日、雲南省感染癥醫院と結んだ特別な遠隔診療が行われた。両病院の専門家らが第5世代移動通信システム(5G)を使った3次元デジタル立ち會い診察システムを通じ、56歳の新型コロナウイルスによる肺炎患者への診療を実施した。

VR(仮想現実)ゴーグルをかけた醫師の目の前に、新型肺炎患者の肺が3次元立體畫像で出現した。ハンドル操作だけで上下左右の移動や拡大?縮小、360度立體回転が可能で、肺の病巣がはっきりと表示されている。

この診察には、デジタル化された3次元再構成やAR(拡張現実)技術、3Dプリント技術、5G技術など多くのハイテク要素が使われた。

昆明醫科大學第一付屬醫院の王昆華(おう?こんか)院長は「今回の遠隔立ち會い診察は、ARや5Gインターネットを使った新型肺炎の遠隔立ち會い診察システムが、雲南省で初めて本格的に稼働したことを意味する」と説明。同システムが1組の立體的な「透視眼」に相當し、醫師が患者の肺の外側や內部の微細な構造をはっきりと視認し、肺の病巣を直接観察するのを支援することで、より正確な治療につなげると述べた。

雲南省感染癥醫院の董興斉(とう?こうせい)院長は「感染の予防?抑制に當たるこの特別な時期に、醫師同士が非接觸の形で作業することで、仮想世界と現実世界をリアルタイムで同期させ、立ち會い診察の即時性と雙方向性を高めている」と語った。(記者/岳冉冉)

 

2日、新型肺炎患者の遠隔診療を行う昆明醫科大學第一付屬醫院と雲南省感染癥醫院の専門家。(昆明=新華社記者/胡超)

 

2日、ARや5Gインターネットを使った新型肺炎の3次元遠隔立ち會い診察システムについて説明する昆明醫科大學第一付屬醫院の王昆華院長。(昆明=新華社記者/胡超)

 

2日、VR(仮想現実)機器を使って新型肺炎患者の肺を確認する昆明醫科大學第一付屬醫院の王昆華院長。(昆明=新華社記者/胡超)

 

2日、ARや5Gインターネットを使った新型肺炎の3次元遠隔立ち會い診察システムについて説明する昆明醫科大學第一付屬醫院の王昆華院長。(昆明=新華社記者/胡超)

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850