おひとりさま(一個人)

江西快三复式二同玩法 www.mnamgy.com.cn

2020-03-04 14:34:13

                                                                                                                                                             /福井ゆり子 翻訳/編集=銭海澎

中國で暮らしていた時期、30を過ぎて獨身だった私に、周囲の中國人は「どうして結婚しないの?」と不思議そうに聞いたり、しきりに「いい人を紹介する」と言ったりして、私を困らせたものだ。日本ではプライベートなことを聞くのはあまり良くないとされるため、こうした質問はあまりされることはなかったが、中國の人は好奇心のままに、ズバッと聞いてくる。どうしてと聞かれても答えにくいこの問いかけに、私は「日本では結婚しない人増えているんですよ」とちょっと逸らして答えることにしていた。2015年の統計によると、日本では男性で23.4%、女性で14.1%の人が生涯結婚しないという。男性では4人に1人の割合となり、今後もこの數字は増える一方だろう。もはや結婚しない人もそう珍しい部類には屬さない。

我在中國生活的時候,身邊的中國人得知我30多歲了還是單身,就會很詫異地詢問:“為什么還不結婚?”或者隔三差五就要給我“介紹個合適的人”,這讓我感到很為難。因為在日本很忌諱詢問隱私,所以我很少被人這樣問過,而中國人出于好奇,就會忽然脫口而出??殺暇拐饈歉齪苣鴉卮鸕奈侍?,于是我就有意岔開話題說:“在日本不結婚的人數正在增加?!本?span lang="EN-US" style="line-height: 150%; font-size: 14pt">2015年的統計數據顯示,日本有23.4%的男性和14.1%的女性一生都沒有走入婚姻。這就意味著每4個男性中就有1人終生未婚,今后這一數字可能還會攀升。不結婚的人已經不算是稀有動物了。

 

ひと昔前は結婚するのがあたり前で、結婚しない女性は「いかず後家ごけ)注1」と揶揄され、女性の社會進出が進んでからは、仕事に熱中し婚期を逃した女性が「負け犬注2」と自嘲していたものだが、晩婚や非婚化のために30代?40代の女性の一人暮らしが増え、さらには高齢者の一人暮らしが増加するといった昨今の社會の変化が背景となり、最近では一人でいることを前向きにとらえる動きが出て來ている。

在過去,結婚是理所當然的事,不結婚的女性會被嘲笑是“沒出嫁的寡婦”,隨著越來越多的女性走入社會,盡管沉迷工作適齡未婚的女性會自嘲是“敗犬”,但隨著晚婚和不婚傾向的出現,三四十歲的獨居女性越來越多,再加上如今獨居老人不斷增加這一社會背景,最近人們已經開始積極看待獨居生活了。

 

それを象徴するのが「おひとりさま」という言葉だ。この言葉は、社會者の上野千鶴子が『おひとりさまの老後』『おひとりさまの最期』などの著作で使ったのがきっかけとなって流行したもので、一人暮らし、単獨で行動する人などを意味する。本來は、ちょっと嫌味ともとれるような言葉だったが注3、最近の流行語では、「一人で行動でき、一人を楽しむことのできる人」という、極めて前向きな意味合いが込められているところに特徴がある。人間はしょせん一人で生まれて、一人で死ぬもの。好きで「おひとりさま」でいるわけではなくても、「おひとりさま」になったなら、その狀況を楽しもうというポジティブなメッセージとなっているのだ。

其象征就是“一個人”這個詞的再度流行。該詞曾因在社會學家上野千鶴子的《一個人的晚年生活》《一個人的臨終生活》等著作中被使用而流行,其含義是指一個人生活,或單獨行動的人。原本該詞還帶有一絲挖苦語氣,但最近再度流行時,被賦予了“可以一個人行動,享受獨居生活的人”這樣一種非?;暮?。人終究是要獨自出生,獨自離世的。所以,該詞也正在成為一種樂觀宣言:即便不喜歡“一個人”,真到了“一個人”的那一天,順其自然便好。

 

この「おひとりさま」ばやりで、最近では、女性一人で気軽に入れるカフェやレストランも増え、以前は旅館などで宿泊を斷られることのあったという女性の一人旅も、積極的に受け入れるところが増えてきた。何かと気を使うことの多い人間関係の中で、人間関係に疲れ、一人でいることが気晴らしになることもある。そんな世の中の疲れをも反映した流行語だとも言えるだろう。

借著這股“一個人”熱潮,最近,女性一個人光顧也毫無壓力的咖啡廳和西餐廳多起來,越來越多的旅館也開始積極接納獨自旅游的女性,而在從前,旅館是拒絕女性一個人留宿的。在時常需要勞心費神的人際交往中,人們有時會對處理人際關系感到厭倦,一個人獨處可以散散心。所以,流行語“一個人”也反映了人們在社會中的疲憊。

 

注釋

注1:嫁入りせずに年を重ねた女性のこと。夫に死なれた女性を「後家」といい、結婚しない(=嫁にいかない)まま、後家のような生活を送る人のことを指す。ほとんどが揶揄するようなニュアンスで使われる。

指沒有出嫁的大齡女性。死了丈夫的女性被稱作是“後家(寡婦)”,所以該詞指不結婚(=沒出嫁),過著宛若寡婦一樣生活的人。多帶有嘲諷語氣。

 

注2:2003年に発表され、ベストセラーとなった酒井順子のエッセイ『負け犬の遠吠え』から生まれた言葉で、結婚しそこなった女性を負け犬に喩えたもの

該詞源自酒井順子2003年出版的散文集《敗犬的遠吠》,該書是當年的暢銷書,書中將大齡未婚女性比作是“敗犬”。

 

注3:本來はレストランに一人で入ると「お一人様ですか?」と聞かれるなどの場面で使われた。日本語では、「お」や「さま」などの丁寧語を必要以上に多くつけた場合、往々にして揶揄や、歓迎しないという意味となり、「おひとりさま」という言葉も、場合によっては、一人でいる(=相手がいない)ことを揶揄するようにも聞こえる。

原本用于一個人進餐廳時服務員詢問“您是一個人嗎?”的場面。在日語中,當刻意添加「お」「さま」等敬稱時,往往帶有嘲諷,反感的意思,“一個人”根據使用場合的不同,有時也會帶有對“孤身一人(=無人陪伴)”的奚落意味。

 

 

関連文章