人気?職場?超うれしい「プレママ」

江西快三复式二同玩法 www.mnamgy.com.cn

2020-02-27 17:02:58

劉徳有=文

 「人気」という言葉はもともと中國にもあったが、日本のように、「あの歌手は今人気絶頂だ」というような使い方はしなかった。それがいつの間にか、日本と同じように、「人気」の意味で使われ始め、今では「人気のある」新語の一つになっている。

 若いころ、中國で「人気」と言えば、別の意味で使われていた。例えば、人間の意気込み、気質、人いきれ、気分、人間らしさ、人間味の意味だった。1978年の改革開放前後から、中國人が「某教授の授業は學生の間で、すごく人気がある」という使い方をするのを耳にするようになり、正直、違和感を覚えた。

 その「違和感」であるが、「違和」という言葉の中國語本來の意味は、體の調子が悪いとか、調和が取れない狀態を表すのに使われていたようである。しかし、今では、日本人が「違和感」という言葉を使うように中國でもふんだんに使われるようになったが、聞く方も別に「違和感」を感じなくなったから、コトバというのは不思議なものである。

 日本語から中國語に新しく入ってきた言葉には、このほか、職場、新鋭、解読、視點、親子、放送、達人、完勝、完敗、點滴、量販、新人類などがある。

 「職場」は以前、中國では単位と言っていた。中國で「職場」が職場の意味で使われているのを、筆者が初めて発見したのは、2003年9月18日の『中國文化報』。タイトルは『職場流行新名詞(職場で流行している新語)』だった。

 このほか、改革開放後に日本から伝わった新語に、「超」「準」がある?!賦撐傘工趣賦F実」などは中日両國共、以前から使われていたが、1990年代の終わりころから日本で、「超むかつく」「超うるさい」「超多忙」というような言い方が流行し始めたと記憶している?!賦鰲鰲工趣いρ勻~は今、中國でも大流行だ。先日、友人が家に見えたので、家內がギョーザを作ってもてなしたところ、後から、「餃子很好吃。超飽,謝謝夫人(ギョーザはおいしかったわ。超満足。奧様によろしく)」と微信(ウィーチャット)で送ってきた。

 

2003年9月18日の『中國文化報』(劉徳有氏提供)

 次は「準」について。日本では以前、教授に次ぐ職務を「助教授」と言っていたのが、後に「準教授」に変わった。中國は昔も今も「副教授」と呼んでいる。

 いま、中國で流行語となっている「準爸爸」「準媽媽」は奧様が妊娠して、間もなく赤ちゃんが生まれる「パパ」「ママ」のことで、「超うれしい『プレママ』」の希望に満ちたこぼれるような笑みが見えてくるようだ。

 もちろん、新中國成立後、中國で生まれた新語も日本に伝わっている。例えば、成立初期の「一辺倒」、文革中の「活學活用」「造反」などなど。

 歴史上、日本が中國の文化を取り入れ、多くの漢籍が日本に渡り、日本の思想、文化がそれによって潤い、豊富になり、発展したことは、ここで繰り返す必要はなかろう。

 しかし、明治維新後、西洋の學問の吸収に力を注いだ日本の學者が洋書を翻訳する中で、哲學や社會科學や自然科學に関する膨大な數に上る「新語」をつくり出し、それが次第に中國に伝わって使われるようになった。

 當然のことながら、清朝末期に、中國の學者も洋書を翻訳する中で多くの「新語」をつくったが、その際に中國の古典から語句を探し求めるという方法が取られた。例えば、economicsを「計學」「資生學」に、philosophyを「理學」「智學」に、sociologyを「群學」に、physicsを「格致學」にというふうに訳語を當てたが、この方法には無理があったようで、実際上、全ての新しい事物について古典からそれに見合うものを探し求めるのは不可能であった。結局、広めることができず、日本で翻訳された「経済學」「哲學」「社會科學」「物理學」が中國でも通用するようになった。

 明治以降、日本から伝わった新語――衛生、企業、手続、抽象、具象、批評などなど挙げればきりがないが、中には中國の古語を生かしてつくった新語もある。例えば、economyの日本の訳語「経済」であるが、「経済」はもともと中國の古典にある言葉で、國を治める「経世済民」の意味があった。唐代の詩人?杜甫の詩にも、「古來 経済の才、何事か獨り罕に有らんや」とあるが、「國を治める才能」を指していることは明らかだ。日本は、economyの訳にこの中國の古語「経済」を當てたが、中國は日本の訳語である「経済」を借用し、今では両國共economyの意味に使っている。

 このように日本が中國の古語を借用した訳語が、両國で使用されているケースは、ほかにもたくさんある。

 例えば、「組織」。これはorganizationの訳語?!哼|史』の『食貨志』に「桑麻を樹え、組織を習う」とあるが、この場合の「組織」は、紡織――「機織り」の意味だった。

 「生産」は、productionの日本語訳。元の意味は生計を立てる手段としての産業、なりわい?!菏酚洝護巍焊咦姹炯o』に「家人の生産作業を事わず」とあるが、これが出典。

 「憲法」は、constitutionの日本語訳。この言葉の出典は、『國語』の『晉語』――「善を賞し、姦を罰す。國の憲法なり」。ここでいう「憲法」はただの國のおきて。國の根本法としてのconstitutionを訳す際に、日本が中國の古い言葉「憲法」を借用した。

 中國の國名?中華人民共和國の「共和」。これは、republicの日本語訳だが、これも中國の古典から取った言葉である。出典は、『史記』の『周本紀』にある「厲王  彘に出奔せり。周公と召公協議して政を行なう。號して曰く『共和』と」?!腹埠汀工維F在の意味は、選挙によって國の代表機関と元首を選んで確立した政治體制をいう。

 當時日本の學者が訳した言葉は、中國現代語の中の科學用語や文化蕓術用語の約70%を占めており、これを抜きにしては「話にならぬ」狀態にある。中國の中に、外來のものは全部変えたらいいとうそぶく「勇ましい」ものもたまにはいるが、そんなことはできっこないのは明らかだ。

 最後に面白い現象を一つ。代數、幾何の「幾何」は、「いくばく」とも読め、なんとなく數學と関係のあるコトバをイメージする人が多いが、中國語の訳語がその昔日本に伝わったものであることに気付いている人は意外と少ない。

「幾何」はもともとギリシャ語のgeometria、英語のgeometryであることは周知の通り。この言葉を最初に中國が翻訳するとき、「geo」の音訳に「幾何」の2字を當て、それが日本に伝わって「幾何」と読まれるようになった。これが日本語の「幾何」の由來である。明治時代に日本の訳語が中國に伝わったものと勘違いしている人の方が、案外多いかもしれない。

清代末期に発行されていた科學雑誌『格致彙編』

関連文章