中國進出し世界へ事業展開

江西快三复式二同玩法 www.mnamgy.com.cn

2020-02-28 11:49:40

文=呉文欽

 

 

森松工業の江蘇省南通工場からマレーシアのベトロプラス社に出荷される冷卻タワー。3000トンクラスの危機を海外へ輸出できる(寫真提供?森松工業株式會社)

「日本に戻ってそろそろ20年になりますが、今でも毎月中國に出張しています」。西村今日子さん(58)が差し出した名刺には、「森松工業株式會社 取締役 グループ営業企畫部部長」と書かれている。

岐阜県に本社を構える森松工業株式會社(以下、森松工業)は、1947年10月の創業當初、わずか50平方?の工場で主に各種タンクを生産していた。

 

「2018年に中國子會社の売上高が本社の3倍近い536億円になりました。今では歐米諸國にまで事業を展開しています」と、西村さんは意気揚々と語る?!?/span>

この地方の中小企業が、売上高700億円を超える國際企業になれた理由は何か。西村さんは、33年前に同社2代目社長の松久信夫氏の決定が大きいと考える。

 

30年以上前の決斷

中國の改革開放が10年目に差し掛かった1987年、各國企業は大きな市場潛在力(7)を持つ中國に注目しており、それはまだ海外進出していなかった森松工業も例外ではなかった?!〉睍rの松久信夫社長は、改革開放下の中國は必ず大きく発展すると鋭敏に察知した?!蓋挨玀盲剖證虼頦郡勝い?、絶好のチャンスを逃す」と考えた松久氏の主導で、同社は中日貿易事業を専門的に行う子會社を立ち上げた。主な業務は中國から金屬加工品を輸入することだった。

 

母校?名古屋大學で取材を受ける西村今日子さん(寫真?于文/人民中國)

 「まずは貿易から始め、中國と付き合う経験を積んでいきました。これが、松久社長の対中業務展開の第一歩でした」。87年に入社した西村さんは、松久氏が描いた発展ビジョンを今でも鮮明に覚えている。

中國で実現したグローバル化  1990年代前後、日本はバブル経済の絶頂期にあり、若者たちがいわゆる「3K(きつい、汚い、危険)産業(8)」を拒むようになり、日本の製造業は人件費コスト高騰の苦境に陥った。そこで森松工業は、中國の改革開放の最前線だった上海の浦東新區に生産拠點をつくることを決めた。

9010月、上海森松圧力容器有限公司が設立された。広東省広州市の中山大學に1年間留學したことがある西村さんは上海子會社の立ち上げを任され、10年間勤務した。  

「最初は中國の豊富で安価な労働力にだけ注目していましたが、求人募集する中で中國は人材の寶庫だということに気付かされました」と西村さんは振り返る。

 

森松工業の主力製品

森松工業は中國で主に、各種ステンレス製圧力容器(反応槽、蒸留塔、熱交換器など)や攪拌機といった機器の製造とそれらを一つのシステムとしたプラントをモジュール化して建造している。付加価値の高い設備製品は非常に高度な溶接技術を要するが、中國の溶接技術者は確かな腕を持ち、難題にも果敢にチャレンジし、企業の経営?管理の面でも大きな潛在能力を発揮した。

「彼ら中國人スタッフと組めば、必ず事業を成し遂げられると確信しました」。西村さんは、上海子會社設立初年度に入社した中國人社員のことを、今も忘れていない?!?/span>

森松工業の上層部は、中國人社員の能力を十分に発揮させるため、上海支社設立後直ちに中國での「現地化」路線に踏み切った。グループ全體の社員數は昨年末までで約3600人に達したが、その大部分は幹部を含めて中國人だ?!⊥紺摔趣盲?、中國での思いがけないもう一つの収穫は、歐米のグローバル企業との「出會い」だった。  

中國が市場経済改革を進めるにつれ、P&Gやユニリーバなどの大手國際企業は1990年代後半から相次いで中國で工場を建てた?!?/span>

日本のメーカーはかつて、製品の販売を商社に一任していたが、この方法ではリスクを回避できる一方、収益の低下を招いた。森松工業は中國で実現した「現地化」を強みに、歐米のグローバル企業と直接多くの契約を結び、中國や世界の工場に重要な設備を収めることに成功した。昨年末までに、同社は中國での事業展開によって、日本企業を含む180社余りの有名企業と確固たる協力関係を結んでいる。興味深いことに、東芝や花王など日本の大企業との取引も、同社が中國に進出してからだ?!?/span>

これについて西村さんは感慨深げにこう話す?!溉氈竟冥摔長坤銫盲皮い欷?、今の発展はなかったかもしれません。中國のおかげで、私たちはグローバル化を実現できました」

 

感染癥対策で先手打つ

現在、森松工業は日本と中國のほか、米國やスウェーデン、インド、韓國に営業拠點を設けたが、海外生産拠點を置いたのは中國だけだ。江蘇省南通市にある生産拠點だけでも、敷地面積が66萬8000平方?に及び、製品は石油?ガス、石油精製、化學工業、原子力発電、冶金などの多分野にわたっている。    

2012年に「島購入」問題が起きてからの數年間、同社の売上高は一時的に低下した。しかし、両國関係が再び正常な軌道に戻るにつれ、同社の実績は大幅に好転し、特に18年は創業以來最高の売上高を記録した。

當面の中米貿易摩擦の影響について、西村さんは冷靜に分析する?!該墜巫芳娛v稅発動は確かに影響が出ます。しかし中國は現在、すでにサプライチェーンが完備されており、製造業において非常に強い競爭力を持っています。私から見て、中國で製造できないものはごくわずかです??鄤氦筏粕bラインを中國から移転するより、中國での生産コスト削減に力を集中するほうが良いと思います」

 

森松工業のグローバルネットワーク

今回突然発生した新型コロナウイルス感染癥は、多くの企業の事業活動に重大な影響を及ぼした。だが森松工業の、中國子會社(上海森松)の今年の生産量と業績予想の見通しは明るい。

習近平國家主席が120日に新型コロナウイルス感染癥の予防?抑制に対して重要な指示を出して以降、上海森松は社內のリスクアセスメント委員會が直ちに関連する手配を打ち出した。多くの企業と異なり、70%の従業員に春節休暇期間中の出勤を割り當て、通常営業した。

これに対し、上海森松の関係者はこう説明する。今回の措置の目的は、従業員が春節中の移動でウイルスに感染することを防ぐことにあり、従業員の安全を保障できるのなら1週間分の殘業代を払うのも惜しくはない。今回の措置のおかげで、上海森松は現在多くの企業が直面している従業員の職場復帰問題を回避し、従業員の感染者ゼロという喜ばしい狀態を確保した。

それとともに、中國、日本、歐州、米國などから5萬枚以上のマスクをかき集め、デトール消毒液を生産している協力パートナーから十分な量の消毒液を購入し、日常使用する分を従業員に支給した。

今回の新型コロナウイルス感染癥で中國経済が受ける衝撃は、2003年のSARSを上回ると森松工業は見ている。感染拡大が同社の來年の発注に與える影響は少なくないが、今年の生産量と業績への影響は大きくない。

現在、森松工業が武漢市に設立したデザインセンターに屬する100人以上の従業員が在宅勤務している。森松工業は感染癥の動向に注視しており、相応の対応措置を取っている。上海森松の関係者は、「中國に加護がありますように」という言葉で今回のインタビューを締めくくった。

 

関連文章